スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘブロンに来た日

ベツレヘム


エルサレムから車で30ぐらい走らせたとこに
高く
どこまでも続く壁
分離壁
R0011567.jpg

ユダヤ人とパレスチナとを分けた壁
R0011588.jpg

壁に書かれたたくさんの落書きとメッセージ
「正義がなければ平和はない」
スプレーで殴り書きされた沢山のメッセージ

大きな木の周りを囲む高い分離壁の絵
R0011585_20091103040205.jpg

英語はわからないけど、全ての歴史は分からないけど
ベツレヘムの中に入った瞬間に感じた重みは忘れられない。



本当にどこまでもどこまでも続く壁。

国の中に壁を作り
人の心の中に崩れない壁を作った


原因はなんやろ



ちっぽけな脳みそじゃわからない




そこから車で40分ぐらいの場所にある「ヘブロン」

ゴーストタウン化した街


スポンジのように軽い、味噌が詰まった脳は
そこから先は何も考えずにそこに足を踏み入れた

ほんまに、ほんまに
人気ない静かな街
R0011635.jpg

上には鉄網が張り巡らせて
ゴミや椅子がたくさん落とされていた。
ユダヤ人がパレスチナ人に対する迫害
R0011647.jpg



一人のパレスチナ人が私たちをある場所へ案内してくれた


ほとんどの家の壁が溶接されて入れなくなった扉
「家に入れなくなったんだ」
沢山の網が張り巡らされて中に入れなくなった街
R0011642.jpg

爆弾が落ちた生生しい跡
その影響で目が見れなくなった子供。



「この現実を見てくれと」という彼



同じ世界とは思えない
同じ空の下で同じ時を過ぎていたとは思うことは出来ない



こんなことが今も続いている
彼らの眼の中に明かりを見れなかった。



宗教同士の戦争

あほちゃん
あほっていう言葉なんかじゃダメやな。



少なくとも私は宗教にいて
幸せだと感じたことはなかった
平和を願う姿は私には矛盾にしか見えなかった


宗教なんかなくなっちまえよ☆





マジで。


衝撃の街
自分の軽い気持ちに罰があたったんやと
重くなる心がそういっとる。


はい。
明日にはヨルダンに帰ります!

ぐっばいイスラエル!
スポンサーサイト

エルサレム

急きょ滞在日数を延ばしてイスラエルへいってきますた。

イスラエルって聞いてどんな国を想像しますか?
日本で流れる中東のイメージ
イスラエルのイメージ

危ないし
危険やし
治安悪い

ワタシは完全にこう思ってました


イスラエルに入国する時に
「ノースタンプ」にすると入国がかなり難しくなる。
何時間もいろんな質問を英語でされ、
最悪「別室」なるところに連れて行かれる。


入国ができない場合もあるって聞いてたから
かなりドキドキ。みんな緊張。

ワタシノ番がきた・・・



ドキドキ・・・



「何のホテルに泊まるの?」
「何日滞在するの?」
「なんでイスラエルにきたの?」

簡単な質問をいくつか受けた。






英語がわからず一緒に来た方に助けを求めてると

入国審査の人がめっちゃ笑ってる!

「もー通れ!」みたいな感じで
普通めちゃ時間かかる入国審査を早1っぷン程で通過★


たぶんやけど

「こんな英語わからん奴がほかの国とかいかんやろ」
って思われたと思われる(・ω・`)ンン


でも
後で見たら「ノースタンプ」ゆうたのに
ばっちりスタンプ押されてる!!!!!

まじかーい


でも
モロッコはスタンプあっても入れるかもしれないらしいから
まぁ
大丈夫かな。


ほんなこんなで
なんとかイスラエル入国。


「嘆きの壁」
R0011532_20091019073300.jpg
というユダヤ人の人達が毎日祈りに来ている壁に行ってきた。
ユダヤ人の人達は黒の服に、黒の大きいハッとをかぶって
男性はもみやげだけ伸ばして、チョココロネみたいな髪型になっとる。
R0011531.jpg

無表情。
明らかに時代が動いていないユダヤ人の思想、服装。
閉鎖的な雰囲気。


空気が明らかに重いのはたぶん来た人ほぼ皆感じたと思う。


でも若い子たちが「ジャパニーズ!ジャパニーズ!」
っていって一緒に写真をとろうって言ってきた、
インドみたい。
R0011520.jpg


キリスト教
イエスキリストが生まれた国
R0011546.jpg
聖墳墓教会
キリストがなくなった場所
R0011549.jpg

R0011597.jpg

イスラム教とキリスト教とユダヤ教が
暮らすこの国
同じ国に住みながらもまったく共存していない宗教の人達



最初は聖書の舞台になってる場所を「あーこの場所か!」って
実際に見てみたかったってゆう理由できた
けども



バスで一時間ない
「ベツレヘム」
ここに行ってから安易な考えで来たことをほんとーに
反省した

プロフィール

MIKI

Author:MIKI
出身地:肥後
現在:海外旅中

年齢:タイトル通り19.旅中に20歳になるヨ!

サルとカピバラに似てるってよく言われる…

自由ってきっと何かを捨てないと自由にはなれない。
大切な人を大切だといえるような人になりたい。
夢に終わりはない!!
自分の人生にワクワクしていきて生きます★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。